【前橋荒牧校】この夏「語彙力」をつける!

Pocket

先日の生徒とのやりとりです。

 

今井 「日本で最も『酪農』がさかんな都道府県はどこ?」

 

生徒 「鹿児島県!」

 

今井 「酪農って、乳牛を飼育して牛乳からチーズとかヨーグルトとかを作る農業だよ。」

 

生徒 「北海道!」

 

お気づきでしょうか。

この生徒は酪農がどのようなものだか

わからなかったからこそ正解を導き出せなかったのであり

酪農がどのようなものだかわかったとたんに

いとも簡単に正解できてしまったのです。

 

北海道はチーズ・ヨーグルトの生産が多いというイメージができていたにもかかわらず

それを生かせない・・・。

 

 

まさに「語彙力」が原因です。

日頃耳にする言葉や教科書に出てくるすべての語句に興味を持ち

知らない言葉が出てきたらそれがなんなのか聞いたり、調べたりする・・・

 

「学ぶ」とはそういうことです。

すべての学習に「ことばの力」がかかわってきます。

 

ただ答えを知ろうとするのではなく

ことばの意味から考えることが大切です。

夏期講習では「覚える」こと中心ではなく

「理解する」ことを中心に取り組んでいきます。

どれだけ「語彙力」を高められるか・・・

チャレンジし続けます!

 

 

ちなみにこんなやりとりも・・・

今井「赤色のリトマス紙を青色に変えるのは何性?」

生徒「メルカリ!」

今井「・・・・・・・・・」

(おしい!正解は「アルカリ」性です)

 

この夏がんばろうね!

 

【前橋荒牧校 今井】