Tag Archives: 前橋、塾、荒牧、関根、南橘中、鎌倉中、附属中、吉岡中、古巻中、北橘中、渋高、渋女、市立前橋、学習塾、集団、個別、英検、漢検、数検、中間テスト、期末テスト、伸びる、やる気になる

【前橋荒牧校】 群馬県の「旧地名」を知ってますか?

みなさん問題です。

 

次の都道府県が昔なんと呼ばれていたか答えてください。

①群馬県  ②新潟県  ③愛知県(※正確には現在の愛知県西部)

④岡山県  ⑤鹿児島県

 

比較的よく聞く名前のほうだと思いますが

いくつわかるでしょうか?

 

こたえの前に次の質問はどうでしょうか?

 

①さつまいもの生産量全国1位の都道府県は?

②「備前焼」で有名な都道府県は?

③「コシヒカリ」と呼ばれるブランド米で有名な都道府県は?

 

 

おわかりいただけたでしょうか?

 

正解は

①さつまいもの生産量全国1位の都道府県は?

→鹿児島県

②「備前焼」で有名な都道府県は?

→岡山県

③「コシヒカリ」と呼ばれるブランド米で有名な都道府県は?

→新潟県

 

それで最初の質問の答えですが

次の都道府県が昔なんと呼ばれていたかというと

①群馬県 → 上野(こうずけ・かみつけ)

②新潟県 → 越後(えちご)

③愛知県(※正確には現在の愛知県西部) → 尾張(おわり)

④岡山県 → 備前

⑤鹿児島県 → 薩摩

 

越後の「越」は「コシ」とも読むので「コシヒカリ」、

「備前焼」や「さつまいも」はそのままですね。

 

つまり、旧地名がわかっている人にとって

「さつまいもはどこが1位か?」なんて質問は

「さつま」が「鹿児島」だとわかるので

問題の答えを覚えておく必要がありません。

ひとつの知識が別の知識を自動的に与えてくれるのです。

みなさんが「黒豆は何色でしょう?」なんて質問の答えを

覚えなくても正解できるのと一緒です。

 

 

現在、日本の中で使われている言葉の中に

旧地名に由来しているものは多く含まれています。

ぜひ昔の都道府県名を覚えてみませんか?

 

【前橋荒牧校 今井】

【前橋荒牧校】 英検チャレンジ!!今回もみんなでがんばります!!

前橋地区は夏休み終了まで

あと3日となりました。

勉強に、部活に、海に、プールに、キャンプに・・・・

充実した夏休みを過ごせたでしょうか?

 

夏休みが終わるということは

毎年恒例の、そうあの時期です!

今年も前橋荒牧校では

「英検チャレンジ」を実施します。

 

この時期の英検は、

中間テスト日程と重なるため

テスト勉強を優先し、英検は見送る・・・

といった生徒が多くなります。

そこで中間テストの勉強が本格化する前に

早めの英検対策を実施します。

みなさんもぜひ一緒に英検にチャレンジしませんか?

 

【前橋荒牧校 今井】

【前橋荒牧校】 今年も前橋育英を応援しよう!

外はうだるような暑さですね。

おかげさまで前橋荒牧校は

新教室をオープンし

涼しく快適な教室でみんな勉強しています。

生徒の教室は・・・。

 

残念なことに

講師控え室までエアコンの冷風が届かない・・・

夏を満喫中です!

 

さて今年も

わが前橋より

前橋育英高校が甲子園に出場します。

一試合目の相手は国学院久我山高校・・・

手ごわい・・・手ごわい相手ですが

何とか勝ち上がって欲しいものです。

みなさんも一緒に

応援しましょう!

【前橋荒牧校】 今から夏期講習申し込めます!

中3生で部活が終了し

どうなるかわからなかった予定が

定まりはじめた方もいらっしゃるかと思います。

 

8月からの個別授業や

夏期集中授業など

今から夏期講習を考え始めた方は

ぜひご相談ください。

 

受験に向けた準備はまだ間に合います!

 

【お問い合わせ】前橋荒牧校 027(289)5642

【前橋荒牧校】 「わからなくなってから」ではなく「わからなくならないように」

夏期講習ももうすぐとなったこの時期

受験に向けて・・・

1学期をふりかえって・・・

英検に備えて・・・などなど

自習に来る生徒が増えます。

(部活も忙しい中がんばる!)

 

もちろん受験生がもっとも多くの時間をかけて勉強しているわけですが

その中で学習に対するさまざまな考え方が変化してきます。

ここで、いままでの受験生が

いざ受験となった状況だからこそ気づいた

後輩たちに向けての勉強のアドバイスを紹介しましょう。

 

「わからなくなってしまった内容があまりにも多すぎると、

1年くらいの受験勉強ではなかなか取り返せない。」

「いちばん勉強しなければいけないのは1年生だと思った。」

 

これが入試を経験したからわかる

現実なのだと思います。

受験の大変さを肌で感じ、この生徒は自分なりにそう思ったそうです。

 

実はこのことに

気づいている人は多いはずなのに・・・

 

「虫歯」に例えるなら

「治療」より「予防」が大切なんです。

 

みなさん・・・

ぜひ先輩たちの教訓を生かしてください!

 

 

【前橋荒牧校 今井】

 

 

【前橋荒牧校】 高校生の進路相談会を実施しました。

現在、日本の大学の数は「768」あります。

その中から選んで進学先を決めるわけですが

すべての大学の情報を知ったうえで進路を決めるのは不可能に近いのではないでしょうか。

ですから、将来の夢や就きたい職業、

だいたいどの地方の中から探すか、国公立か私立か・・・などなど

いわば「絞り込み」をしていきます。

 

そこまででも時間がかかるのに

この先がまた大変です。

入試方式、試験科目、合格ライン、今までの倍率

奨学金制度、寮のあるなし・・・調べることだらけです。

 

これは本腰をいれて探さないと

なかなか志望校も決まらないわけです。

ぼーっとしていたら何も定まらないまま

なんとなく受験をしてしまいます。

 

ですからわれわれの最大のサポートポイントはその点にあると考え

高校生に大学情報を伝えるための面談を随時実施しています。

もちろん塾生ではない方も大歓迎です。

ぜひ一度お越しください。

 

【前橋荒牧校 今井】

 

 

【前橋荒牧校】 一人ひとりみんなちがう

「コミュニケーション」という言葉をよく耳にします。

 

コミュニケーションが上手といわれる人もいれば

コミュニケーションが下手といわれる人もいるわけですが

 

個人的にちょっと考えてしまいました。

 

「コミュニケーションをとるのが上手な人」というからには

「コミュニケーションをとるのが下手な人」とでも上手にコミュニケーションがとれるのでは?

 

塾講師とはいえ教師の端くれです。

コミュニケーションのプロでありたいと常に思っています。

 

 

大人ですらいろいろな人がいるわけですから

成長途中の子どもたちはなおさらです。

そんな一人ひとり細やかに違いがある子どもたちと

円滑ににコミュニケーションがとれるよう日々努力します。

 

【前橋荒牧校 今井】 校舎直通 027-289-5642

 

 

【前橋荒牧校】この夏「語彙力」をつける!

先日の生徒とのやりとりです。

 

今井 「日本で最も『酪農』がさかんな都道府県はどこ?」

 

生徒 「鹿児島県!」

 

今井 「酪農って、乳牛を飼育して牛乳からチーズとかヨーグルトとかを作る農業だよ。」

 

生徒 「北海道!」

 

お気づきでしょうか。

この生徒は酪農がどのようなものだか

わからなかったからこそ正解を導き出せなかったのであり

酪農がどのようなものだかわかったとたんに

いとも簡単に正解できてしまったのです。

 

北海道はチーズ・ヨーグルトの生産が多いというイメージができていたにもかかわらず

それを生かせない・・・。

 

 

まさに「語彙力」が原因です。

日頃耳にする言葉や教科書に出てくるすべての語句に興味を持ち

知らない言葉が出てきたらそれがなんなのか聞いたり、調べたりする・・・

 

「学ぶ」とはそういうことです。

すべての学習に「ことばの力」がかかわってきます。

 

ただ答えを知ろうとするのではなく

ことばの意味から考えることが大切です。

夏期講習では「覚える」こと中心ではなく

「理解する」ことを中心に取り組んでいきます。

どれだけ「語彙力」を高められるか・・・

チャレンジし続けます!

 

 

ちなみにこんなやりとりも・・・

今井「赤色のリトマス紙を青色に変えるのは何性?」

生徒「メルカリ!」

今井「・・・・・・・・・」

(おしい!正解は「アルカリ」性です)

 

この夏がんばろうね!

 

【前橋荒牧校 今井】

【前橋荒牧校】7/13(土)は高校生交流会です。

ときどきふと思います。

「何のために勉強を教えているのか」

受験のため・・・、将来のため・・・、もちろんそうです。

 

ですが突き詰めて考えると

「幸せになってほしいから」ということが

最終的に来るわけです。

 

学歴も知識も大変重要ですが

それだけが大切なわけではありません。

 

ですから高校生たちには

しっかり考えてほしい・・・

そう考えて「高校生交流会」を設け

現役の大学生や社会人の方々と

いろいろ夢や現実について話してもらい

何かを感じ取ってほしいと思います。

 

子どもたちが少しでも

幸せだと感じられるような人生を歩めますように。

 

【前橋荒牧校 今井】

【前橋荒牧校】この夏のイチオシ!「徹底演習マスター講座」

夏期講習期間中に開催の

「徹底演習マスター講座」についてお話します。

今回の中間・期末テストで

中2、中3生は特に

「難しかった」「成績が下がった」など

前の学年よりできなかったと感じた人も多かったのではないでしょうか。

 

「進級して難易度が上がったから・・・」

といことも間違っていませんが

今回の中間・期末で多く出題されていたのは

「前学年の発展ないようだった」ということに気づいたでしょうか?

 

つまり、前学年内容を忘れてきていて

ミスが増えてしまったというケースも多いのです。

 

ですから1学期内容の復習だけではなく

前学年の復習もとても重要なのです。

 

もちろん夏期講習の中で復習はしていきますが

人によっては前学年(もちろんそのまえの学年も含みます)の広い部分に

未定着内容がある場合

絶対的に時間が足りません。

 

そこで夏期講習期間中に

「徹底定着マスター講座」を開設しており

各自オリジナルメニューで

基礎基本の定着をはかっています。

 

夏期本科の講習だけでなく

こちらも併用して

2学期以降のテストで

「得点につながる力」を養いましょう!

 

 

【前橋荒牧校 今井】 校舎直通027-289-5642

 

 

【前橋荒牧校】 本当に「英語」が苦手なんでしょうか?(第2話)

~前回の続きのお話~

英語と日本語のズレの中でみんな戸惑うのが

「時制」です。

 

中学英語では

①現在形②現在進行形③現在完了形④過去形⑤過去進行形⑥未来形

おもにこの6つの時制を習いますが

日本語にはこういった細かい時制の意識はなく

「現在」「過去」「未来」くらいです。

 

 

では次の日本語は、上記①~⑥のどの時制でしょうか?

「彼は今東京に住んでいる。」

 

 

よく生徒たちにも質問しますが

「現在形」と「現在進行形」が答えを二分します。

 

 

答えは「現在形」なのですが

今していることだから進行形だと思ってもおかしくありませんし

「彼は3年間東京に住んでいる。」と一部を変えるだけで

現在完了形にもなってしまいます。

 

 

つまり、同じ苦手でも

英単語や長文読解といった

俗にいう英語力が必要なところができていないという人もいれば

日本語を読んだ時点で時制を間違ってとらえてしまう

ことによるできなさもあるのです。

 

 

ひとくくりに「英語が苦手」と考えずに

どんなことができていないのか

何が不足しているのか

しっかり分析しましょう。

 

【前橋荒牧校 今井】 校舎直通027-289-5642

 

 

 

【前橋荒牧校】 本当に「英語」が苦手なんでしょうか?(第1話)

この時期の面談で

よく相談として出てくるのが

苦手な「英語」をどうしていけばよいかというお話です。

 

 

もちろんどういうところが苦手になっているのかによって

取り組むべきことは変わってくるのですが・・・

もう一度確認すべきなのは

本当に「英語」が苦手なのかということです。

 

 

毎日のように単語練習をしていて

単語テストではほぼ満点。

教科書の英文もスムーズに訳せるし、

文法も理解している・・・

 

 

でもテストでは70点とのこと。

 

 

もしかしたらこれは

英語と日本語の間にある「ズレ」を理解していない可能性があります!

 

 

おっと・・・続きはまた明日。

 

【前橋荒牧校 今井】  校舎直通 027-289-5642

 

【前橋荒牧校】夏期講習のご相談受け付けてます。

夏期講習のチラシが新聞折り込みに入り

夏期講習の詳細についての問い合わせが増えてきました。

 

そこで気が付くのは

「チラシを見ても内容が完全に伝わっているわけではない」ということです。

 

伝える側の考えと

受け取る側の見方ではやっぱり違うようで

電話で説明して初めて

わかっていただくこともあるようです。

チラシを作るのも難しいですね。

 

日程や時間、内容など

ぜひお電話でお問い合わせください。

さまざまな状況の違いがあれば

どのような夏期講習がより合っているのか違ってきます。

 

日程や時間が合わないとあきらめずにご相談ください。

 

【前橋荒牧校 今井】 027-289-5642

【前橋荒牧校】この夏「基礎力」をつけてみませんか?

期末テストも徐々に終わり始めたこの時期

ほっと一息ついている人も増えているのではないでしょうか?

前橋荒牧校の今井です。

 

期末テスト中は無理をして

夜遅くまで勉強したり

部活停止期間明けで、体がなまっていたり

毎日の雨で体調を崩したり・・・

何かと疲れが出るこの時期です。

 

ただ、ある程度休んだら

自分の「基礎力」を確認してみませんか?

 

ここでいう「基礎力」とは

国語の「漢字力」

数学の「計算力」

英語の「単語力」です。

 

今までに習った内容を生かすのも

新たに習っている内容を身に付きやすくするのも

みなこの「基礎力」が大切です。

 

前橋荒牧校では7月

「基礎力」をみにつけるため

夏休みまでの間

「基礎力トレーニング」を実施しています。

 

ぜひ一緒にやってみたいという方は

無料体験も随時行っておりますので

ご連絡ください。

 

【お問い合わせ】027-289-5642  担当今井まで

 

【前橋荒牧校】みなさんこの問題解けますか?

ごく簡単な問題ですので

問題を読み終えたら3秒以内に答えてください。

 

 

では問題です。

 

 

どうぶつ村の運動会で徒競走が行われました。

出場するのは

ゾウ、キリン、ライオン、サイ、チーター、カバの6頭です。

 

チーターが猛烈なスタートダッシュ。

その後にライオン、キリン、サイ、ゾウと続き

少し遅れてカバがこれを追います。

 

今まさに3位のキリンがサイに抜かれました。

 

サイは何位になったでしょう?

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ 答え

 

答え 3位 

 

瞬間的につい「2位」と答えてしまう人が多い問題です。

3位の次は2位という変な固定観念があるのかもしれません。

 

問題を解くときは、「よく読み・注意深く考える」ことの必要性がわかります。

図を描いて考えるとほぼ間違える人はいないでしょう。

 

こじつけましたが

「問題を解くときは慎重に!」

 

【前橋荒牧校 今井】